アルプスアルパインの圧接コンタクトとは

アルプスアルパインの圧接コンタクトはバネ性をもった電気接点で、ダブルスパイラル構造により振動・衝撃があっても追随し(フローティング構造)、適切なストロークと接点荷重を確保しています。
□1.4~1.45mmの小型で自動実装に対応しています。

SCTA1A0100のサイズ

従来の一般的なコネクタ接続との違い

従来のコネクタ接続と圧接コンタクト接続の違い

従来のコネクタ接続に対するメリット

従来の一般的なコネクタ接続に比べて以下のメリットがあります。

①セットの小型化、薄型化

コネクタ・ケーブルをなくすことで小型化、薄型化を実現

②ケーブルレスによるVA

ケーブルレスのメリット

③セット組立性の向上

コネクタの嵌合工程、手はんだ工程の削減により組立性を向上

手半田工程削減

④基板の配線がシンプルに

コネクタの位置までパターンを引き回す必要がないため、配線がシンプルになります

基板配線がシンプル

WH0.7-1.8mmの高さに対応(SCTA□Aシリーズ)

圧接コンタクトの使用高さ